週末起業舎

ここで紹介する成功ノウハウは、プレジデント、ダイヤモンド・ザイ、マネージャパン、フォーブス、ファイナンシャルジャパン、日経EW、日本経済新聞、 財界、J-WAVE、日経ビジネス、日経マネー等の様々なメディアで取り上げられました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
アメリカを疑え、アメリカ発の金融危機から経営のあり方を考えされられる
21世紀の国富論21世紀の国富論
(2007/06/21)
原 丈人

商品詳細を見る



アメリカの経済合理主義、自由な市場に任せておけばいいという考え方が破綻した瞬間だったのかもしれません。
経営に関わる人も、投資をする人も、この本には今のアメリカの経営の問題点も指摘されています。
減損会計によって資産が毀損したとき経営に与える影響、あまりにも短期的利益を追求しすぎる要因となるROE指標、ストックオプションを利用して儲ける役員たちのやり口。
ある意味社会の公共物である会社が金儲けの道具にされている現状には愕然とし、恐ろしささえ感じます。

原丈人氏が書いた「国富論」を今の時期に読むことをお勧めします。



FC2ブログランキングに参加中!
あなたの一押しが世界を救います。
ぽちっと1票入ります


デザイン文具専門店
耳で聴く本オーディオブックの専門ストア【ListenBook】
スポンサーサイト
今週のコラム | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
<< 081013-081017 kizasi週間ランキング | home | 081011 アマゾン書籍ランキング >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
21世紀の国富論

国富論(著者:原丈人氏)を読みました。 世界的に大恐慌になり、今後の経済はどのような方向を目指せばいいのだろうか、といった想いがこの本を買う動機になったのだと思います。 以下、この本を読んで、私が特に印象的に感じた点を記載します。 経済はあまりにもマネ...
ライフワークとしての駆け出し知的生活日記 | 2008/10/13 Mon |
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。